2017年5月22日月曜日

「復興」破たん後の社会を構想すること



大阪の『人民新聞』紙に、原稿を書きました。今週の号に掲載予定です。
 依頼されたテーマは、復興庁大臣の失言・辞任問題。
 ここで普通に大臣発言を弾劾してもよかったのですが、自分としては物足りなさがあったので、すこし前のめりに問題提起をしてみました。詳しくは『人民新聞』紙を買って読んでみてください。
 以下は、その論旨の要約。と、すこし加筆してみます。


 福島「復興」政策は遠からず破たんする。
ところで真の問題は、私たちは「復興」破たん後の社会を構想できるだろうか、ということである。
 福島の「復興」がうまくいかないことは、誰の目にもあきらかである。そのことにいまさら驚いたふりをするのもしらじらしい。いま私たちが提示しなければならないのは、「復興」破たん後の社会をどうするか、というビジョンである。

 政府と金融資本は、公害隠しの「復興」政策に没入する以外に道はない。彼らは嘘に嘘を重ねながら死体を積み上げていくことになる。私たちはそんな無謀な政策に付き合う義理はない。プランAの「復興」が暗礁に乗り上げるのなら、それにかわるプランBを用意しなければならない。
 ところで、私たちはプランBを構想することができるだろうか。「復興」政策の拒否を貫いた先に、どのような社会を形成するのか。官民をあげた国民動員社会に背を向けて、どのように関係をとりなおしていくか。そこでは、どのような人間が、どのような方法で、どのような社会を、再建していくのか。
 「復興」破たん後、と書いたが、それは、政府や銀行が破たんを認める日を待つという意味ではない。彼らが破たんを認めるのは最後の最後であって、私たちは政府がどうこうする以前に、予示的に、「復興」破たん後の社会を形成していけばよい。政府のペースに合わせる必要はない。時間を先取りし、圧縮することだ。

 と、ここまで偉そうに書いたが、私に「復興」破たん後の明確なビジョンがあるかと言うと、まだ手探りの状態である。まだ考え始めたばかりだ。またこの構想は、私ひとりの脳髄でつくりあげるものでもない。私の娘や、娘の世代の人々と、討議していくべきものだ。

 とはいえ、それほど長い時間はかからない。焦らずとも数年で形がみえてくると思う。
 いまはただ、「復興破たん後の社会」という言葉を口にしただけで、さまざまな着想が湧いてくる、やる気が出るということで、よしとしよう。






2017年5月20日土曜日

近況報告

2017年に入ってから、なんだか忙しい。
予想していた以上の忙しさ。

いま抱えている作業は三つあって、
1、名古屋共産研の夏の集会にむけた研究報告。
2、矢部史郎×山口素明の対談、「会議ができなくなっちゃった」。
3、矢部史郎×山の手緑の対談。タイトル未定。

2と3は、名古屋共産研の作業ではないが、『16年テーゼ』で提起された社会民主主義批判をフォローするものだ。

2の山口×矢部対談は、2011年以後の言論情況の困難さを討議することから始まり、さらに2011年以前に遡って、アイデンティティ・ポリティクスの流行を批判的に検討した内容。これは6月上旬に小冊子で発行する予定。

3の矢部×山の手対談は、関西で始まった移住者運動の趨勢を分析しつつ、論点を整理する。〈代理/表象〉、〈漏出線〉、〈分子革命〉といったガタリの概念を使いながら、“移住者”といわゆる“社会運動”とのズレを議論する。論点は具体的だが、徐々に抽象度をあげていくので、読みごたえがある。これも6月下旬には発行できるようにしたい。




2017年5月1日月曜日

風向きに注意

 福島第一原発の付近で、放射能に汚染された山林が燃えている。
 放射性セシウム、放射性ストロンチウム、ウラン、プルトニウム等の放射性核種が、上空に舞いあがる。
 風向きと降雨に注意。



帰還困難区域の山林で火事 消火活動続く 福島 浪江町 

東京電力福島第一原子力発電所の事故による帰還困難区域となっている福島県浪江町の山林から煙が上がっていると、29日の夕方、消防に通報があり、丸1日がたった今も燃え続けています。けが人や建物の被害はありませんが、福島県は自衛隊に災害派遣を要請し、1日、改めてヘリコプターでの消火活動を行うことにしています。29日午後4時半ごろ、福島県浪江町井出の山林から、「煙が上がっている」と消防に通報があり、30日朝早くから福島県や宮城県などのヘリコプターが出て消火にあたりました。
火は、30日午前7時半すぎに、いったんほぼ消し止められたものの、強風で再び勢いを増しさらに燃え広がったため、福島県は30日正午、自衛隊に災害派遣を要請し、ともにヘリコプターを出して消火活動に消火活動にあたりました。
警察によりますと、出火から丸1日がたった30日午後5時現在、少なくとも10ヘクタールの山林が焼けたということです。けが人や建物の被害はないということです。
30日の消火活動は日没とともに打ち切られ、福島県などは1日午前5時すぎから再びヘリコプターで消火活動を進める予定です。
現場は東京電力福島第一原発の事故の影響で放射線量が比較的高い帰還困難区域で、警察によりますと、出火した時間帯には浪江町のほかの場所で雷によると見られる火事が起きていたことなどから、警察は落雷が原因と見て詳しい状況を調べています。 4301856分 NHK 

2017年4月27日木曜日

ミサイルデマをやめさせよう



 「もしもミサイルが撃ち込まれたら、頑丈な建物に入り、窓から離れましょう。」
 こんなばかげた指導が公立学校で行われているらしい。
 どうやらうちの地域だけでなく、全国の小中学校で、このような指導が行われているようだ。ここで想定されているミサイルとは、朝鮮のミサイルなのだという。

 朝鮮がミサイルを撃つわけがないだろう。ありえない。完全にあさってを向いた妄想である。
 私はそれほど熱心に新聞を読んでいないし、国際面もパラパラ眺める程度なのだが、そんな私でも、朝鮮が核兵器開発に成功したらしいということは知っている。だから普通に考えて、朝鮮半島が戦争状態になることはない。冷静に客観的に考えてみればわかることだ。
 アメリカが核保有国に侵攻することができるだろうか。できない。まず中国・ロシアという二つの国連常任理事国がゆるさない。では、アメリカが国連を無視して、単独で、または有志国連合で、朝鮮に侵攻することができるだろうか。できない。中国・ロシアを敵にまわしかねないやりかたで、無謀な戦争をするわけがない。
そもそもいま朝鮮に侵攻したところで、アメリカにとって得るものはない。「国際関係のすべてをディール(取引)として考える」と公言したトランプが、得るもののない戦争をするわけがない。
 アメリカが戦争を仕掛けないなら、朝鮮は戦争をしない。戦争をしたところでなんのメリットもないからだ。朝鮮は、核兵器開発に成功したことで外交的に優位な状態を確保したのだから、いまあえて戦争をする理由がない。

 そういうわけで、朝鮮半島有事というものは、ありえない。いまありうるのは外交交渉だけなのだ。
 このことは、米軍の軍事演習や朝鮮軍の軍事演習の映像を見ればわかる。どちらも大規模な軍事演習を行っているが、軍人たちの表情は穏やかで、まったく緊迫した様子がない。朝鮮軍の指導部にいたっては、ニコニコと笑っている始末である。米軍・朝鮮軍双方とも、戦争になることはないということがわかっていて、安心して軍のデモンストレーションに興じているのである。

 朝鮮が日本に向けてミサイルを撃ちこんでくるなどという話は、万に一つもない、悪質なデマである。こんなデマを吹聴するのは、兵器産業に税金を引っ張りたい政商ぐらいなものだ。ミサイル攻撃の危機を煽って、ミサイル防衛システムを売りさばきたいのだろう。原子力発電事業で行き詰った三菱あたりが、今度は兵器産業の分野で税金にたかろうとしているわけだ。どうせそんなところだ。
そうしてまた彼らは嘘をつく。原発を売りつけるために「石油資源が枯渇する」と煽ったように。今度は、ありえないミサイル攻撃を煽って、ミサイル防衛システムなどという役に立たない高額商品を売りつけようというのだから、やり方としてはほとんど霊感商法である。ダニのような連中である。経済産業省は日本経済に寄生するダニである。こういう連中のみえすいた嘘を、ゆるしてはいけない。



 もうひとつ。

 こういう悪質なデマは、社会を侵す。社会関係を支えている人間同士の信頼が、棄損される。朝鮮がミサイルを撃ってくるというデマは、そこに含意されているのは、朝鮮国は何をするかわからない怪物のような国家であるという偏見である。
 事実はそうではない。朝鮮国は怪物の国ではない。何をするかわからない、ということはない。何をするかわからないと言うのなら、それはどんな国家にも言えることであって、朝鮮国の金正恩体制がとりたててクレイジーであるというわけではない。金正恩がどういう人間であるかはよく知らないが、少なくともトランプよりは賢明に見えるし、プーチンよりは繊細さをもった人間に見える。金正恩は誠実な人間ではないかもしれないが、少なくとも安倍晋三よりは責任感をもった人間に見える。
 朝鮮国を怪物のようにみなすことは、やめるべきである。朝鮮国は隣国であり、また、朝鮮人はずっと日本社会に暮らしてきた隣人である。仲よくしようなんてことは言わないが、偏見によって隣人を敵視することは、やめるべきだ。

 いまから約1世紀前、1923年の関東大震災後、陸軍は悪質なデマを流した。「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」というデマである。このデマをうのみにした人間たちは、忌まわしい虐殺事件を起こしていった。殺されたのは朝鮮人だけではない。朝鮮人も日本人も「人間狩り」によって拘束され、虐殺されたのである。この虐殺事件は、東京復興事業の起点となり、「大正デモクラシー」から「昭和ファシズム」への転換点になった。この忌まわしい虐殺事件を想起しながら、現在のミサイルデマを弾劾し、やめさせよう。

くだらない与太話だといって看過してはいけない。
嘘は社会を蝕んでいく。
一人一人に語りかけ、デマをうちけしていこう。




2017年4月15日土曜日

歴史のくずかごは美しくない

 「歴史のくずかご」という表現がある。
「○○を歴史のくずかごへ叩き込め」なんて言い方をする。

 若いころは壮大でかっこいい表現だなあと感じていたが、実際にくずかごの実物を見てみると、まったく見栄えのしないものだ。
 まあ、そうだよね。歴史のくずかごの中身は、くずかごに投げ入れられるべくして投げ入れられたものなのだから、壮大でも美的でもない。
 叩き込む、なんて美しいやりかたではない。目をそむけ、鼻をつまみながら、しかたなく立ち会うものなのだ。

 ところでここで唐突に予言をしたい。
 2017年内、あるいは年度内に、阪大の菊池誠は発症するね。菊池誠というのは、「炉心溶融」と「メルトダウン」は違うという主張をしている菊池誠である。
 菊池誠のメンタルヘルスは、もう、ぎりぎりである。あとひと押しツイッターで小突かれたら、発症する。悪くすると、死ぬね。そして彼が死んでしまったら、誰も彼のことを振り返らない。彼が何をしたか、何を言ったか、彼が存在したことすら、忘れてしまう。


 まったく同情しない。

 当然だと思う。

2017年4月5日水曜日

「復興」政策の正体


復興庁が、みずから馬脚をあらわした。
避難指示地域以外からの「自主避難者」への対応と責任を質問されて、避難者それぞれの判断、「自己責任」、と明言した。
国民一丸となって復興にのぞむ、なんてきれいごとは、もう言わない。「復興」政策が、どれほど多くの人々を切り捨て排除するものであるかを、大臣みずから明言した。この発言がテレビの全国放送で流れたのである。
 6年間の暗い時期を経て、ようやく一筋の光明が差してきた。
「復興」政策反対の議論をはじめよう。



2017年3月25日土曜日

財務省、ひどいね

 森友学園の怪しい土地取引をめぐって、国会がにぎやかである。国会の質疑や証人喚問を見ていると、どんなお笑い番組よりも楽しい。前回選挙で議席を増やした共産党が、質問時間を長くとれていて、とてもよいと思う。


 森友学園問題は、かつて繰り返されてきた汚職議員の疑惑とは、少し違っている。この事件は、たんに政治家の汚職という範疇に収まらない、もっと大きな不正の構造に到達するかもしれない可能性をもっている。
 現在の野党による追究は、形式的には、政治家がどのように財務省に働きかけたか、という視点でおこなわれている。ここでは、事件の主犯は政治家であるという想定で、真相究明が求められている。
だが、質疑が進むにつれて、政治家が主犯で官僚が従犯という想定は、しだいに崩れつつある。私たちの脳裏に浮かんでくるのは、この事件の主犯は財務省官僚なのではないか、という疑念である。これから明るみになっていくだろうことは、たんに自民党議員だとか日本維新の首長だとかの汚職ではなくて、財務省の行政官が何を企て実行してきたかということだ。

 脳裏に浮かぶのは、行政官たちが政治家の意思を待たずに独断で動いている姿である。選挙で選ばれた議員たちの内閣は、たんに行政官が与える「飴」と「鞭」で操縦されているだけなのかもしれない。そうした構図が私たちの脳裏に浮かぶのは、2011年以降の権力の様態を見ているからだ。

 2011年「原子力緊急事態宣言」の発令は、一種の戒厳令状態を生み出している。公衆の放射線防護対策の指針は、被曝防護から被曝受忍へと180度転換したのだが、この重大な政策転換は、立法府の議論を待たず行政府だけで強行された。食品と物品のクリアランス基準は、法ではなく省令によって強行された。議員立法である「チェルノブイリ法」は、全会一致で可決されたが、行政府が運用を拒否し、たなざらしにされている。2011年以降、行政府と立法府のバランスは完全に崩れた。行政権力の専制的性格が露出しているのである。

 「原子力緊急事態宣言」以後、秘密保護法案、安保法制、共謀罪といった法案が次々と強行成立されている。そうした流れのなかで、森友学園問題はたんに与党と野党の党派闘争ではなく、行政権力そのものに焦点をあて、告発する、新たな論争を生み出すものになるだろう。自民党のうしろにいる行政官に注視しよう。