2019年3月10日日曜日

8年目の3月

2011年の事件から、もう8年たつのか。
名古屋の矢場町公園で行われた反原発集会に参加。
もう何年もデモに行っていないのだが、デモ指揮の手伝いを頼まれたので行ってみた。
ジェロニモレーベルのステージをみて、8年前のいろいろなことを思い出した。
もうほとんど忘れかけていたのだが。
あのとき私たちは、政府に殺されそうになり、命からがら逃げて来たのだ。

ジェロニモレーベル ↓





2019年3月8日金曜日

開沼博、大学生から提訴される


 福島復興政策にからむ一流社会学者・開沼博が、大学生をいびって、反撃されている。詳細はこれ↓


アワープラネットの記事↓
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2378

いやあ。笑わせてくれるなあ。ニヤニヤしちゃうよおじさんは。

 さて、しかし、笑ってばかりはいられないのは、提訴したこの大学生が、開沼に悪意をもって攻撃しているのではないらしいということだ。
どうやらこの学生は、素でやっている。素で福島現地に足を運び、ハッピーロードの企画を取材し、開沼の指導をあおごうとしていたらしいのである。もう、こういう「研究」を素でやってしまっているという時点で「おまえ社会学の素養ないよ」と言いたいところだが、まあ学生だから大目に見るか。しかしこの学生、開沼とのトラブルがなければ、おそらくハッピーロードの宣伝の片棒を担いでいたわけだから、やっぱりダメだな。センスも将来性もない。学部を変えてやりなおした方がいい。
 福島復興政策は、できの悪い学生ができの悪い一流学者にビシビシいびられる状況を生み出している。これは文科省と開沼のせいばかりではない。大学人の寛容が、不寛容で非科学的でファシストじみた復興学者に居場所を与えてしまっているから、こういうことが起きるのだ。本来ビシビシしごかれるべきは開沼博である。立論がガタガタで穴だらけの青二才が政治的に立ち回って出世するという状況を、大学人はゆるしていてはいけない。
 こういう事件はまだまだ起きるだろう。いまの若い学者は、政策から距離をとるということをしない。そういう意味で、大学は非常に危険な場所になっている。学生諸君は一流学者の恫喝にあったら、弁護士に相談してどんどん提訴するべきだ。

2019年3月7日木曜日

やっと執筆作業が終了。くたびれた。

昨年9月から書いてきた書籍向けの原稿が、ようやく最終段階にはいりました。
第2校まで提出したので、あとはデータと図版の作業。著者の作業はほぼ終了です。

テーマは、名古屋の都市空間史。タイトルは未定。版元は現代書館です。

編集者は「原子力都市」で一緒に旅をした“バック”こと福田慶太氏。
写真もバック。名古屋の乾いた空間を撮影するという普通ならちょっとたじろぐような課題を、たんたんと職人的に遂行してくれました。

発売日は未定ですが、たぶん5月ごろ。
ぜひ買ってください。
自分で言うのもなんですが、まあ、おもしろい。
版元も前向きなようなので、販売促進のイベントもやります。
その際はご協力をおねがいします。

2018年10月19日金曜日

米騒動と現在




 米騒動をどう解釈し、どう評価するか。
その前に、私たちにはクリアーしなければならない問題がある。

 現代の私たちが時間をさかのぼって歴史を解釈しようとするとき、その解釈の枠組みは現代のイデオロギーを反映し、解釈者が生きている現在の状況に深く関係している。私たち、と言うとき、それはある政治的・思想的観点を自明なものとして共有している「私たち」である。歴史の解釈を可能にするのは、ある事実から何を引き出すかという観点がある程度共有された社会によって、である。
 ところで米騒動は、解釈者がほとんどいない、なかば忘れられた闘争になってしまっている。これは現在の日本社会を考えるうえで、とても興味深い現象だ。
 例えば朝鮮(韓国)の「3・1運動」や、中国の「5・4運動」には、この闘争を振り返り、現代に受け取り、顕彰する人々がある。もちろんそのなかで解釈論争はあるだろう。論争はあるにしても、「3・1」や「5・4」を重大な出来事として受けとめようとする、しっかりとした社会がある。
このことと比較して、米騒動はどうだろう。誰からも腫れ物のようにしか扱われていないのではないだろうか。これは米騒動の解釈の難しさである前に、それを受けとめようとする日本社会のバイアス、変質、喪失があるように思う。なぜ日本の人々は、口々に「米騒動! 米騒動!」と言って盛り上がらないのか。ウキウキしないのか。
私は無理な要求をしているつもりはない。日本民族のすべてを動員して米騒動を顕彰しろとか、政府が記念式典をするべきだとか、国民の休日にしろとか、そういう要求をしたいわけではない。ただ、日本の民主化運動に尽力してきた人々、進歩的知識人、あるいは歴史のある左翼政党が、米騒動を顕彰する盛大なイベントを一日ぐらいやってもいいのではないかと、控えめに思うだけだ。1918年の米騒動は、それだけの重みのある出来事なのだから。


 1918年の米騒動から100年後の現在、日本社会は深い混乱のなかにある。実際、100年前の米騒動を顕彰するどころではない、めちゃくちゃな状態である。
 混乱の原因となったのは、2011年の原子力発電所の爆発である。日本政府は「原子力緊急事態宣言」を発令し、福島「復興」政策を号令した。この政策に従うか拒否するかで、人々は分裂した。「復興」政策に協力し被曝を受忍する者と、「復興」政策も被曝受忍も拒否する者とで、日本社会には深い亀裂が刻まれている。知識人も人権団体も左翼政党も、この分裂と無縁ではなかった。諸政党・諸団体の内部で分裂は進行している。政治主義者は「復興」協力に向かい、科学主義者は「復興」拒否に向かい、両者は議論の接点すら持てない状態へと引き裂かれたのである。
 原発爆発の直後からこの分裂は始まっていたが、中間的な分子によって弥縫策があみだされた。「反原発運動」という名の陳情行動である。2012年の首相官邸前行動に集約される陳情行動は、要求を「原発再稼働反対」に限定し、この最大限綱領を人々に遵守させることで、分裂に蓋をしてしまった。2012年以後の「反原発運動」は、人々の分裂と混乱を統御しようとして、かえって混乱を深めてしまうことになる。

 「反原発」陳情行動という弥縫策には目もくれず、重要な実践を担っていったのは、若い主婦を中心とする反被曝派(放射脳)である。2011年以後もっとも重要なアクターとなるのは、彼女たちである。
反被曝派の強みは、実践の直接性である。放射能汚染の測定、移住、不買、給食や修学旅行の拒否といった直接行動を基礎にしている。彼女たちは獲得すべきものを直接に、即座に、手に入れる。政府や学者や議会の議論を待たない。政策の修正を待たずに、政策に先行して実践を進めていく。これは、「原子力緊急事態宣言」という法の例外状態に正しく対応した、行動様式であり、行動原則である。
 日本政府はこうした人々の動きを「パニック」と呼び、「風評被害」と呼び、繰り返し非難してきた。そして左翼の内にある政治主義的分子もまた、政府の尻馬にのって彼女たちを非難した。反被曝派を非難する者たちが共通して怖れたのは、統御することのできない直接行動主義である。反被曝派は誰にも統御できない。彼女は唯物論者よりも唯物論的であり、無政府主義者以上に無政府主義的である。中途半端な科学者など簡単に論破してしまうし、なまぬるい政治左翼の理屈に耳を傾けることもしない。「科学」にも「政治」にも統御されることのない人々が、誰の号令も待たずに、いっせいに直接行動にでたのである。


 ここまで書いてきて読者はもう察していると思うが、私は2011年以後の状況を、100年前の米騒動の状況に重ねて書いている。米騒動の偉大さと、その評価の難しさを、現在の状況と照らしあわせることで理解しようとしている。
 古典的な共産主義者はこれを、簡単に「自然発生性」と呼んでしまう。そして「自然発生性」と括ったとたん、あっさりと考えることをやめてしまう。統御できないものは考えなくてよい、ということなのかもしれない。あるいは、統御できないものの威力を直視する度胸がないのかもしれない。だがそういうことではいけない。
 自然発生的な動乱は、その後の権力の様式を変える。それは政治論争の内容だけでなく、政治の様式、政治の前提を、変えてしまう。1918年の米騒動からくみ取るべき教訓はここである。1918年以前と以後で、支配の様式が変わり、抵抗の様式が変わる。
 そうであれば、2011年以後の「原子力緊急事態宣言」下の騒動は、日本社会をどう変えるのか、だ。このことを、日本権力に先んじて、我々が把握するのでなければならない。ながく続いてきた政治の構図が、これから大きく変わるかもしれない。日本社会の根本的な変化が、まったく新しい闘争主体を創出するかもしれない。
 私の考えでは、この未来への希望、未来の主体は、「復興」政策を拒否した人々のなかに潜在している。それは、1918年米騒動を「自然発生的」と棚上げにしてしまうようなやりかたではなく、「女一揆」の偉業を正面から評価し、臨場感をもって感応するような、主体である。





2018年10月1日月曜日

渚さんが亡くなった



 歌手の渚ようこさんが亡くなった。
 衝撃で声が出ない。


 私が渚さんを知ったのは、音楽ではなく、お店の関係だった。彼女は新宿のゴールデン街で「汀」という店をやっていた。私がゴールデン街に店を出したのがたしか2003年頃だったが、そのころ彼女はすでに「汀」を繁盛させていた。私にとって渚さんは、同じ街で店をもつ同業者であり、先輩だった。
 自分の店を閉めたあとに、たまに「汀」に行った。行った、というよりも、連れていかれた。映画評論家の松田政男氏が、渚さんにゾッコンで、飲みにつきあっていると必ず「汀」に連れていかれるのだ。松田氏は当時すでに70才になろうというおじいさんだったが、女性に対しては現役だった。「汀」でしこたま飲んで、酔っぱらったあげく、「もうだめ、帰れない、ようこちゃんの家に行く」とねだるのだ。これが完全な冗談ではなく、いくらか本気がまざっているから始末に負えない。そんなときは渚さんと私とで朝まで介抱するというのがお決まりだった。この酔っぱらった老人を優しく介抱することもあったし、朝もやのけぶる花園神社に置き去りにして帰ったこともある。これだけごねる体力があるんだから、置いていっても死なないだろう、と。(実際、死ななかった。)

 そういうわけで私は、歌手としての渚ようこを、ほとんど知らない。一度だけリサイタルに行ったがそれっきりで、彼女の歌声をほとんど聴いていない。ただ、歌手と映画評論家と反戦活動家が、音楽の話も映画の話も社会運動の話もしないで朝までだらだらカウンターに座っているという関係が、心地よかった。そういう時間のすごしかたが、かっこいいと思えたのだ。

 渚さんと私との関係はこういうものだったので、歌手としての渚ようこや、彼女の歌について、何か評論めいたことを言おうとは思わない。
ただ私に言えるのは、彼女は厳格な美意識をもって、それを生涯貫徹させた人だったということだ。
 彼女は「昭和」の歌謡曲やファッションを転用し、一種のキャンプ・アートを構築したわけだが、それがコミカルな外見を見せながらコミカルなだけに終わらなかったのは、彼女が本気だったからである。冗談やおふざけでは、ああいうことはできない。彼女は本気だった。1960~70年代の風俗から自由主義やロマン主義のエッセンスを抽出し、再構成し、そこで示された価値を、彼女は確信をもって譲らなかった。
 彼女は「かっこいいブーガルー」でこう歌っている。

  かっこいい世界は
  探せばきっとある
  もしもそれが全滅したら
  いっそ昭和にワープだ

 こうした歌詞が完全に冗談であるなら、この歌は成立しない。この歌のかなりの部分が本気だから、こわいのだ。
すべてが冗談のように見えながら、すべて本気なのである。
 彼女が多くの人に慕われ、同時に畏怖されもしたのは、彼女の美意識が本気の姿勢で貫かれていたからである。松田氏が惚れこみ、私もまた彼女を畏れつつ慕ったのは、こういうところだったのだろう。
渚さんといるときに、多くを話す必要はなかった。
黙って座っているだけで、力を感じ、心が落ち着く。そんな人だった。
冥福を祈りたい。


かっこいいブーガルー 



2018年9月27日木曜日

『新潮45』誌、休刊(笑)




『新潮45』という雑誌が休刊した。
きっかけは、ある自民党議員の失言を擁護する特集だった。この間の経緯の説明はかったるいので省略するが、私が考えたいと思うのは、『新潮45』編集長の誤算である。
編集長は会社が雑誌をとめるとは予想しなかっただろう。彼が休刊を覚悟しておもいきった特集を組んだとは考えにくい。会社が雑誌の休刊を決めたことは、編集長にとって誤算だったと考えるのが自然だ。
 では、編集長は何を読み誤ったのだろうか。この点を考えてみようと思う。

 現在の「右翼論壇」の特徴は、議論の質が低いことである。品位もない。右翼にはもともと品位などないと言えばまあそうなのだが、しかし、2010年代の自民党下野以降の右翼論壇は、それ以前とは比較にならないぐらい下品である。デマゴギーの質も低い。すぐに論駁されてしまうような嘘を書いて、自ら墓穴を掘ることもしばしばである。
 もうひとつ見逃してはいけない特徴は、現在の右翼論壇は、中堅所得者の読者層をしっかりと掴んでいるということである。
たとえば、自民党の内外でデマゴギーやヘイトスピーチを繰り返している宗教団体「幸福の科学」は、「お金持ちの信者が多い」ことで知られている。彼らはビジネスで成功した経営者・中堅所得者たちを主体とした新興宗教である。
あるいは、数々の暴論をくりかえし「自民党別動隊」と評されてきた「日本維新の会」も、同様の支持基盤をもっている。貧困層や社会的弱者に対する冷淡さでは、自民党よりもひどい。
また、自民党本体にはJC(青年会議所)というグループがあって、金で苦労したことのない企業経営者の23世たちが極右的主張を繰り返している。
 ようするに整理すると、現在の「右翼論壇」を支えている読者層は、所得水準が高く、かつ、知的水準が低い人々である。所得水準も知的水準も高い人々は、右翼雑誌など読まない。また、所得水準も知的水準も低い人々は、右翼雑誌の主張に共感できない。現在の右翼雑誌は、所得水準が高くかつ知的水準が低い人々に照準を定めている。

 このあたりの機制と力学について、社会学者ピエール・ブルデューは、経済資本と文化資本という概念で説明している。ブルデューが明らかにしたのは、経済的条件と文化的傾向は、それぞれに独立しながら、互いに影響し合っているということである。
このことをわかりやすく示すために、彼は便宜的にある構図を描いている。一つの平面に、縦軸に経済資本の軸をひき、横軸に文化資本の軸をひき、所得水準と文化教養の様態がどのように分布しているのかを描いている。左上のグループ、経済資本が高く文化資本が低いグループには、歴史書に親しむ企業経営者(日本で言えば司馬遼太郎や『プレジデント』誌を愛読するような層)。右上のグループ、経済資本が高く文化資本が高いグループには、外国料理に親しむ大学教授や弁護士(日本ならタイ料理やトルコ料理に親しむリベラル層)。左下のグループはスポーツや賭博に親しみ、右下のグループは映画と喫茶店に親しむ、というように。これはあくまで便宜的で単純化したポンチ絵のような構図なのだが、ブルデューがこれで示そうとしたのは、所得水準と知的水準とは別の軸をもっている、ということである。
 私たちは通常、所得水準と知的水準とを同一の軸で考えてしまいがちである。頭が良く勉強のできる者は経済的に豊かになり、教養のない者は貧しくなる。こうした考え方は一面では正しいのだが、これだけでは見落としが生まれてしまう。所得が高く教養のないグループ、所得が低く教養の高いグループ、この二つのグループを見落としてしまう。

 「ネット右翼」が登場した2000年ごろ、私たちは初歩的な間違いをしてしまった。「ネット右翼」の論じている内容が、あまりにも幼稚で無教養だったために、「ネット右翼とは若年の低所得者層である」と誤認してしまった。実際に調べてみると、「ネット右翼」は若くもなければ低所得者でもなかった。所得水準の高い地主や企業経営者が子供じみた無教養ぶりをさらしているというのが、実態に近い。こうした人々が、例外的にではなくある程度のボリュームをもって存在しているということを、私たちは知った。
 2011年、ツイッターが普及したころ、もうひとつのグループが頭角を現した。所得水準が低くかつ知的水準の高いグループである。これは、主要には女性たちである。修士号や博士号や高度な教養をもちつつ、結婚・出産を契機に主婦となった人々が、かなりのボリュームをもって存在している。彼女たちがツイッターで発言を始めたら、右翼に勝ち目はない。教養の水準が段違いだからである。
 ツイッターが普及して以降、ネット上の論争は、この二つのグループの闘争とみなしてよいだろう。二つのグループは、所得水準の高低と知的水準の高低が交叉した関係にあって、どちらも権威から遠ざけられてきた存在である。どちらも例外のように見落とされ、権威から遠ざけられてきたがゆえに、言論のヘゲモニー・趨勢は、この両者の闘争に委ねられることになる。ここがおもしろいところ。歴史の弁証法っていうかね。わくわくするところです。


 話を戻して。
『新潮45』の編集長は、どのような誤算をしたのか。
おそらく彼は、新しく登場した「右翼言論」がもっている経済力を過信してしまった。
たしかに、金は重要だ。金が動かなくては雑誌はつくれない。しかし、たんに金が動くだけでは、雑誌の存在意義を世間に認めてはもらえない。金の力だけで権威を構築できるなら、とうの昔にそうなっている。現実はそう簡単にはいかない。この右翼言論人たちがツイッターの主婦のつぶやきにすら対応できずブロックしているような状態では、どうあがいても無理なのだ。



2018年9月13日木曜日

名古屋の歩道、衰弱する触感




 名古屋の都市計画を調べるために、史料を読みはじめている。いま1943年の防空法制定から、1950年の戦災復興計画の境界確定までの期間を読んでいる。名古屋市が、戦時中よりもむしろ戦後において強力な統制を実現していたことに驚く。名古屋市民は、戦争が終わってから5年もの間、自分の土地に自由に建物を建てることができなかったのである。この経緯を見ると、名古屋は、官民を動員する徹底した軍事都市という感がある。名古屋が「もっとも魅力のない街」となった一因は、この、戦後になってなお持続した戦争体制にあるのだろう。

 それはさておき。
 名古屋はかつて「白い街」と呼ばれていた。色彩のない街という意味だ。
 なぜ名古屋は色彩が乏しいのか。
 私はこのことを、もっぱら視覚の問題として考えていた。自動車の速度 → 速度による視覚の単純化 → 風景の陳腐化・視覚表現の衰弱 という機制で問題を考えていた。
 しかし、史料を読みながら思い至ったのは、問題は自動車道ではなく、歩道ではないかということだ。

 名古屋は歩道が広い。幹線道路の歩道は、車が一台乗り入れることができるほど広い。また、路地がすべて広い。名古屋の戦災復興計画は、すべての道路に自動車が通行できる幅を要求していて、市内のほとんどはこの基準を実現している。つまり、名古屋市内の路地は、ほんらい自動車が進入しないような路地であっても、すべて広いのである。
 歩道が広いのは良いことだ、と思われるかもしれない。それは、狭い路地をあたりまえに享受している環境にあるから言える話だ。人間のサイズの路地がまったくない環境を経験したら、そんな無邪気なことは言えない。

 広い歩道は、人間の触覚を衰弱させる。
ここで触覚というのは、直接に接触する感覚もあれば、直接に接触しない感覚も含む。直接に接触しない触覚とは、腕をまっすぐ横に伸ばしたときに接触可能な範囲に、対象物があるという感覚である。「人と人との触れ合い」と言うときの「触れ」は、直接にさわるという意味ではなく、腕のリーチの範囲内に人があるということだ。「街に触れる」というのは、街を遠くから眺めるのではなく、直接にさわってまわるというのでもなく、街なかを歩いて非接触的な触感を楽しむことである。
 広い歩道は、この触れる感覚を損なう。人と人、人と物との距離は縮まらず、何にも触れることなく歩行することが可能になる。街なかを歩きながら、眺めているが触れていないという状態に陥るのである。


 こうして考えていくと、街の色彩表現とは、純粋に視覚の領域に完結する問題ではなくて、触覚の延長されたものとして捉えることができる。色彩は、人と物との非接触的触感を基盤にして、この領域に含まれている。
 名古屋が「白い街」であるということは、実は深刻なことかもしれない。
名古屋の街が「白い」ということは、ギリシャの街が白いということとは違って、人間のより深い位相での疎外を示しているのかもしれない。