2018年9月13日木曜日

名古屋の歩道、衰弱する触感




 名古屋の都市計画を調べるために、史料を読みはじめている。いま1943年の防空法制定から、1950年の戦災復興計画の境界確定までの期間を読んでいる。名古屋市が、戦時中よりもむしろ戦後において強力な統制を実現していたことに驚く。名古屋市民は、戦争が終わってから5年もの間、自分の土地に自由に建物を建てることができなかったのである。この経緯を見ると、名古屋は、官民を動員する徹底した軍事都市という感がある。名古屋が「もっとも魅力のない街」となった一因は、この、戦後になってなお持続した戦争体制にあるのだろう。

 それはさておき。
 名古屋はかつて「白い街」と呼ばれていた。色彩のない街という意味だ。
 なぜ名古屋は色彩が乏しいのか。
 私はこのことを、もっぱら視覚の問題として考えていた。自動車の速度 → 速度による視覚の単純化 → 風景の陳腐化・視覚表現の衰弱 という機制で問題を考えていた。
 しかし、史料を読みながら思い至ったのは、問題は自動車道ではなく、歩道ではないかということだ。

 名古屋は歩道が広い。幹線道路の歩道は、車が一台乗り入れることができるほど広い。また、路地がすべて広い。名古屋の戦災復興計画は、すべての道路に自動車が通行できる幅を要求していて、市内のほとんどはこの基準を実現している。つまり、名古屋市内の路地は、ほんらい自動車が進入しないような路地であっても、すべて広いのである。
 歩道が広いのは良いことだ、と思われるかもしれない。それは、狭い路地をあたりまえに享受している環境にあるから言える話だ。人間のサイズの路地がまったくない環境を経験したら、そんな無邪気なことは言えない。

 広い歩道は、人間の触覚を衰弱させる。
ここで触覚というのは、直接に接触する感覚もあれば、直接に接触しない感覚も含む。直接に接触しない触覚とは、腕をまっすぐ横に伸ばしたときに接触可能な範囲に、対象物があるという感覚である。「人と人との触れ合い」と言うときの「触れ」は、直接にさわるという意味ではなく、腕のリーチの範囲内に人があるということだ。「街に触れる」というのは、街を遠くから眺めるのではなく、直接にさわってまわるというのでもなく、街なかを歩いて非接触的な触感を楽しむことである。
 広い歩道は、この触れる感覚を損なう。人と人、人と物との距離は縮まらず、何にも触れることなく歩行することが可能になる。街なかを歩きながら、眺めているが触れていないという状態に陥るのである。


 こうして考えていくと、街の色彩表現とは、純粋に視覚の領域に完結する問題ではなくて、触覚の延長されたものとして捉えることができる。色彩は、人と物との非接触的触感を基盤にして、この領域に含まれている。
 名古屋が「白い街」であるということは、実は深刻なことかもしれない。
名古屋の街が「白い」ということは、ギリシャの街が白いということとは違って、人間のより深い位相での疎外を示しているのかもしれない。



2018年8月20日月曜日

米騒動についてのノート(8月)


  
 2018818日午前。
710分に名古屋駅を出発した高速バスは、1030分に富山駅に到着した。「米騒動」の連続学習会は午後1時から。まだ2時間ほど余裕がある。スマートフォンに装備されている音声検索に「ここから滑川まで何分でいける?」と尋ねると、電車で13分という回答。では学習会が始まる前に、滑川の港を歩いてみよう。
 富山駅から「あいの風とやま鉄道線」に乗って、新潟県に向けて日本海に沿ってすすむ。電車は富山駅を出発し、常願寺川を渡ると、水橋、滑川(なめりかわ)、魚津(うおづ)と停車駅が続く。この三つの町が、いまからちょうど100年前の米騒動、「富山の女一揆」の発火点である。

 電車が富山市の市街地をぬけると、進行方向右側には水田地帯が広がっている。新川(にいかわ)平野である。水田のなかに工場や住宅が点在し、ところどころに背の高い防風林のかたまりが見える。これは、教科書にでてくる「散居村」の痕跡だろう。村人が一カ所に集まって住戸を建てるのが「集村」、一戸一戸の家がばらばらに独立して建てられているのが「散居村」。富山県の散居村は、各戸の周りを囲むように背の高い樹木を植えていて、これを屋敷林という。水田の広がる平野部に、ぽつりぽつりと屋敷林が点在して見えるのが、富山の散居村の風景である。その歴史は古く、中世に遡ると言われている。新川平野にも、この散居村の痕跡が残っている。その特徴的な構えは、自作農民の独立性を印象付けるものだ。

 電車の進行方向左手には、どこにでも見られるような一般的な風景が広がる。鉄道と海に挟まれた地帯は、住宅、商店、工場、倉庫などが立ち並ぶ見慣れた風景である。米騒動の発端となったのは、この海岸端の町で荷役作業に携わっていた女性たちだ。彼女たちの仕事は「陸仲仕」(おかなかし)と呼ばれていた。
 まだコンテナもクレーンもなかった時代、港湾荷役はすべて人力に頼っていた。船に荷物を積み込む仕事を総称して「沖仲仕」(おきなかし)と言うが、沖仲仕の作業はさらに二つにわけられる。「沖仲仕」と「陸仲仕」である。大型の貨物船は海岸に直接に着けることはできないので、少し離れた沖に停泊している。海岸と船の間の水深の浅い部分は、艀(はしけ)というボートをつかって荷物を運ぶ。海岸にある荷物はいったん艀に積み込まれ、そこから沖に停泊する船に運ばれ、艀から船に積み替えられる。この沖で荷物を積み替える仕事が「沖仲仕」で、男性が雇われる。海岸で艀に積み込む仕事は「陸仲仕」で、女性が雇われていた。足元の悪い砂利の浜で、60kgを超える米俵を背負って運んだという。彼女たちはもちろん日雇いである。海岸端の粗末な長屋に集住しながら、陸仲仕で日銭を稼いで暮らしていた。

 新川平野でつくられた米は荷車にのって、水橋、滑川、魚津の海岸に集められ、そこで陸仲仕と沖仲仕によって船に積み込まれる。東の山から下りてきた水が何本もの川になって日本海に注ぐように、新川平野で作られた米は海岸に集積され日本海に出されていく。そして米を満載した貨物船は、神戸、大阪へと向かうのである。

 私がこの滑川を歩いて感じたのは、東端にある山脈と西端にある海が、意外に近く、地域の輪郭がとても見えやすいということだった。
山と海に挟まれた空間は、二つの層をつくっている。水田がひろがる散居村の地帯と、海岸沿いの集住地帯と。このふたつが、空間の構成の違いとしてはっきりと視覚化されている。土地を所有し屋敷林をもつ自作農たちの空間と、海岸端の港湾人足の空間とが、明確な対照をつくり、それが「層」として感覚的に捉えられるような風景がある。こうした風景の中で、米騒動は始まったのだ。

 空間的に示された二つの層がある。この境界とは、何の境界であったか。何の境界と考えるべきだろうか。自作農と下層プロレタリアとの境界? あるいは、近世的秩序と近代資本主義(無秩序)との境界? あるいは、境界というよりもその二つの複合?
うーん。
もうちょっと考えよう。
つづく。

2018年8月13日月曜日

連帯メッセージ

8月6日、広島県警による反核グループへの弾圧。

https://danatsu86.hatenablog.jp/entry/2018/08/10/185538

以下、私からの連帯メッセージです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


勾留された女性を、全国で支援しよう
                   矢部史郎

 2018年8月6日、広島市では原爆被害者を鎮魂するために、内外から多くの人々が集まっていた。この日、総理大臣安倍晋三は、戦没者追悼式典に出席するため広島市を訪問した。警察による安倍晋三の警備は厳重なものだった。というのも、広島市と安倍首相の間には深い緊張が走っていたからだ。昨年までに122か国・地域の賛同を得ている核兵器禁止条約について、日本政府はいまも反対票を投じているからである。
 広島市と日本政府との緊張関係は、警察の過剰警備となってあらわれていた。首相を運ぶ車列は、大量の警察官を動員して道路をふさぎ、広島市民を威圧しながら移動していった。

 この日の午後、広島市の路上で反核のスピーチをしていた一人の女性が逮捕された。広島県警が告げた容疑は、器物損壊罪。彼女は、彼女たちの反核スピーチを非難しながら撮影していた男と小競り合いになり、カメラを破壊した、というものだ。
 問題は、この容疑が衆目の一致するところではない、疑わしい訴えに基づいているということだ。多くの通行人が足を止めて見守るなかで、彼らは誰も「小競り合い」を見ていない。このスマートフォンばやりの時代に、誰も衝突の様子を撮影していない。彼らギャラリーは口を揃えて、この容疑は事実無根だ、と言っているのである。
 男はカメラを壊されたと言い、女性はこの男と接触すらしていないと言っている。
 両者が認めている事実はただひとつ、この疑わしい「事件」が、反核運動の是非をめぐる対立のなかで生じているということだ。
 反核スピーチを妨害し、疑わしい被害届を出して女性を逮捕させた男が、いわゆる「右翼」であるのかどうかは、まだ確認できていない。この男が何を見て何を想ったのか、この男がどのような背景をもっているのかは、裁判の場で明らかにされるべきだろう。

 警察は、逮捕した女性にたいして10日間の勾留延長をおこない、彼女は現在も留置場に拘束されている。
彼女の怒りを想像すると、全身が熱くなる。
8月6日の広島で、反核を訴える者が力づくで制圧されて、黙っていられるか。
彼女の闘いのために、反核の志を同じくする全国の人々に、カンパを要請します。彼女の心が折れてしまわないために、彼女を孤立させないために、圧倒的な資金を集めて支援しよう。


2018年8月9日木曜日

本を三冊いただきました。


献本を一冊、見本を二冊いただきました。












以上三冊、ありがとうございました




 2018年8月の猛暑のなかで書き記しておきたいことは、いま私は、時代の変わり目をひしひしと感じているということだ。
たぶん私だけではないと思う。これまで自明視していた前提が、大きく変わり、あたらしい問題設定が要求されている。
そう。おそらく2011年以前までの作業は、予行演習だった。
これからさらに強い内容を持った権力分析と、戦略戦術の発明が、なされる。

2018年5月15日火曜日

米騒動から100年




今年は2018年。
 自民党は「明治150年」と言い、新左翼諸兄は「〈68年〉から50年」(全共闘・ベトナム反戦運動から50年)と言う。
いろいろと歴史を振り返る年なのだろうが、私はがぜん「米騒動100年」である。今年歴史を振りかえるといったら、米騒動ぬきにはありえない。米騒動は日本左翼の原点であるし、近代社会の原点とも呼びうるような歴史的事件だ。「米騒動」と口にするだけで、もう、わくわくする。
 そういうわけで今年は、富山県で行われる連続学習会『米騒動100年プロジェクト』に、毎月行こうと思う。これまで4月・5月と参加してきたが、やはり富山の人たちは米騒動に詳しい。勉強になるし、議論にも前向きで、話が尽きない。
次回は6月9日(土)。ぜひ一度富山まで足をのばして、米騒動とその後の100年を語り合いましょう。




 さて、「米騒動は日本左翼の原点である」と書いてしまった。大見得を切ったからには、米騒動とは何であるかを書かなければならない。
しかしこれが難しいのである。米騒動の歴史的位置付け、しかも左翼として米騒動を位置付けるというのは、これが簡単なようでなかなか難しい。

私たちが米騒動というとき、それは1918年の米騒動のことを指している。日本史上最大の都市暴動へと発展した最後の米騒動である。これは当時から力の複数性と横断性をはらんだもので、単一の視点・単一の力学で「米騒動は○○だ」と述べるのは困難なものである。力の複数性、複合性、意図を裏切って生成変化する力の性質を、深く考えさせられる事件だ。
 端的に言えば、当時の知識人たちは、社会主義者も含めて、みんな面食らったのである。大杉栄など一部のアナキストは喜んで暴動に加わったらしいが、それは例外的なことだ。知識人はみな米騒動に驚き、了解不能の状態に陥った。大衆の暴力が、知識人たちの小さな理性を乗り越えていったのである。
 現代においても、米騒動の解釈は論争含みである。米騒動の解釈は、解釈者の政治的な立場によっていくつかありうるのだが、どれも決め手を欠くというか、一面的な理解ではすぐにぼろがでてしまうところがある。だから米騒動を論じる際には、特段の慎重さが必要になる。平面的にではなく立体的に理解すること。直線的にではなく、ねじれとうねりを描くことが求められる。
 これが難しいし、わくわくするところだ。


 米騒動は、複数の顔をもっている。
たとえるなら、一枚の絵に美女と老婆が描かれていて、視点のとり方でどちらにも見えてしまうようなだまし絵。あるいは、角度を変化させることで、まったく違った二つの表情を見せるカード。上下を反転させると別の顔が現れる逆さ絵。そうしただまし絵のように、米騒動は複数の顔が同時に描きこまれた事件である。

 米騒動の複数の顔とはどういうことか。
まずは全国で暴動が起きているということがある。性格の異なる地域で、性格の異なる民衆闘争が、横断的に連鎖していった。暴動の本丸は神戸・大阪の商社本店であるとして、はじめは富山県の米積み出し港で、次に大阪・神戸・名古屋などの工業都市で、最後は九州の炭鉱へと舞台を移していく。急激に膨張した近代都市の、周辺部で、次に中心部で、そして再び周辺部へと、暴動が連鎖していったわけだ。

 米騒動の発端となったのは、富山県の水橋港・滑川港・魚津港の米騒動である。これを当時の新聞は「富山の女一揆」と書いている。この富山県での闘いは、現代から振り返ってみれば、最底辺女性労働者たちのストライキであったと解釈できるわけだが、当時の新聞はこれを「一揆」という江戸時代の表現で報じた。社会主義者であれば「罷業(ストライキ)」と書いただろうものを、当時の記者は「一揆」と書いたのである。
この表現は正しかったとおもう。もしここで「罷業」と書いていたら、米騒動は日本全土をまきこむ都市暴動には発展しなかっただろうと思う。この「一揆」という近世的表現が、当時の民衆・大衆を奮い立たせ、同時に、知識人を困惑させる原因にもなっただろう。
 ここで急いで付け加えておかなければならないのは、当時の社会主義者たちが米騒動にまったく寄与しなかったのかというと、そうではないということだ。
1918年米騒動にいたる以前の段階で、労働者の闘いは始まり、近代的な労働者組織がつくられつつあった。前年のロシア労農革命が人々に与えたインパクトも、無視できない要素である。近代思想の紹介・普及・手探りの実践が1918年の米騒動を準備した、ということもできるのである。
 だが、ただ近代社会主義思想のみで米騒動が実現したかというと、それもまた間違いになる。事態はもっと複合的だ。米騒動は、近世的な理念・エートスと、近代的な理念・エートスとが、複合し、反応しあうところで発火したのである。

(つづく)






2018年4月26日木曜日

4月28日、富山に行きます。米騒動100年。

4月28日、富山市に行きます。
富山市のジャマーズのみなさんが企画した「米騒動100年プロジェクト」。

辛亥革命 → ロシア革命 → 米騒動 → 3・1運動 → 5・4運動と連鎖する激動の1910年代を、富山市で考えてみようかなと。

https://net-jammers.net/pro/kome-100-pro.html
米騒動発生分布図

2018年4月15日日曜日

お詫びと注意喚起


 本日、友人になりすましたSNSのメッセージに素直にひっかかってしまい、私のLINEアカウントが勝手に作成されてしまいました。

 私の写真と名前を使って、お金をせびる寸借詐欺アカウントが存在します。

 LINEを通じて私名義のメッセージが来たときは、相手にせずブロックしてください。

 ご迷惑をおかけします。