2021年6月20日日曜日

オンライン集会の紹介


 「だまっちゃおれん訴訟」(原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜)の原告団が主催するオンライン集会が、無事に終わりました。YOUTUBEにアーカイブがあるので、観てください。全体で2時間40分ですが、長さを感じさせません。


「だまっちゃおれん訴訟」は、全国各地で行われている原発賠償請求訴訟のうちの一つですが、特筆すべき特徴は4点あります。

1、名古屋地裁判決の敗北をうけて、原告が一審の弁護団を解任し、あらたに控訴審の弁護団を選任しなおしたこと。

2、支援者組織の中心が、関東からの「自主避難者」で構成されていること。

3、原告と新弁護団との間で学習会をすすめ、放射能汚染問題を正面から問う裁判にしていること。

4、名古屋の市民測定所(Cラボ)が、現地土壌調査など積極的に支援していること。

 4月に行われた第三回公判では、ICRPの被曝線量基準(ICRP2007年勧告)が、科学的医学的根拠に基づくものではなく、「ALARA」という経済的基準にすぎないことを指摘し、公衆に被曝受忍を強要する政策が重大な人権侵害である旨を主張しました。

 だまっちゃおれん訴訟の原告団・弁護団・支援組織は、この訴訟を原子力公害訴訟として争うことを明確にしているのです。

 

今日のオンライン集会では、原告と弁護団に加えて、原子力問題に精通する芸人“おしどり”のマコさん・ケンさんが登場し、福島の最新の情報を報告していただきました。

報告の中でとくに注目したいのは、福島県立医大の坂井晃教授の暴言を紹介しているところです(5230~)。坂井晃教授「甲状腺がこうとかああとか、どうでもいいんですよ」「俺の名前絶対出すなよ(笑)」と。ひどい馬鹿です。マコさんはこの教授の音声データをしっかりと公開してくれました。必聴です。

 


 



 

2021年6月14日月曜日

行政による災害

 

はじめに、原発損害賠償「黙っちゃおれん訴訟」からオンライン集会の告知です

6月20日14時~ 

https://www.youtube.com/watch?v=M8pAzZyZ1cQ

 



 新型コロナウイルスの感染爆発から、1年半が経った。

この間、自分が関わる裁判や集会や学習会で、感染は確認されていない。まだ油断はできないが、あと一年か、一年半、持久戦だ。

思い起こせば、昨年の4月、安倍内閣は国会の場で、希望者のすべてがPCR検査を受けられるようにすると発言し、厚労省に指示を出してもいる。だが、PCR検査体制はいまだに不充分で、私も含め多くの人々は自費で検査している状態だ。

問題の核心は、巷間言われているように、厚労省の医系技官なのだろう。これは政治の失策というよりも、行政官によるネグレクト、行政官が引き起こした災害だ。

 

10年前の原子力公害事件からずっと思っているのだが、なぜ私たちは、政策決定にかかわった行政官を名指しして訴追することに躊躇するのだろうか。原子力公害をめぐる裁判でも、ずっと歯がゆい思いをしてきた。

原子力行政のインチキは、ひとり電力会社だけで行っていたものではない。政治家の関与はあるが、それだけでもない。科学者もインチキをやっていたのだが、それを委員会に招聘してインチキ書類をまとめたのは役人である。

具体的な名前をもつ○○課の課長たちがいる。この課長たちは、国から給与と地位の保証を受けているにも関わらず、電力会社と癒着し、彼らに便宜を図るためのインチキ審査をやっていたのだ。その結果、原発を爆発させ、東北・関東地域に甚大な汚染被害を起こしたのである。

これは、通常の行政の範囲で見落としがあったというレベルの問題ではない。原子力発電の危険性は、70年代からずっと指摘されていたわけで、それらの科学的に正当な議論を強引に排除して、インチキ書類を作成していた課長がいる。明らかに私的な意図をもって行政の公正さを歪めていた課長、局長、事務次官がいるのだ。彼らは「国」という概念に丸めてよい人間ではない。具体的な名前を持つ犯罪的な人間であって、裁判の場で個人として訴追されるべきである。

今回の新型コロナ問題でも、厚労省医系技官の犯罪性は明らかである。損害を被った地方自治体や政府は、厚労省の医系技官にたいして訴訟提起しても良いと思う。本当は、政権が統制権を発動して、インチキ技官を排除するべきなのだが、もちろん自民党はやらないだろう。自民党がやらないからといって、私たち市民にその権利がないわけではない。地方公共団体が、経産省や厚労省を訴追する権利はある。

 

 

2021年5月16日日曜日

近ごろ世間ではやる人新世について

  「人新世っていう議論についてどう考えてる?」とか、「斎藤こうへいについてどう評価してますか?」とか、最近よく聞かれるのですが、私は本の執筆やもろもろの作業で忙しくしていて、最近の議論を一切読んでいないので、わからないです。なにも知らないのです。今日も新聞社の記者から電話があって、「君の見解はどうなの」と聞かれましたが、本当に読んでいないので知りません。興味もありません。

 ただ、読んでいないなりにざっくり乱暴に論評するとすれば、権力論や主体の問題についての興味深い議論はなさそうだな、と。私が関心を向けないのはそういうところです。

 例えれば、新しいマンションの完成予想図のようなもので、うわものの外観を描いて見せて、いいねえとか素敵だねえと言っているような印象。完成予想図というのは設計図ではありませんから、ただの外観の絵です。画餅です。その絵には、地下で建物を支えている基礎だとか、空調や給排水の設備だとか、建物の基幹的要素について書かれてはいません。人新世の議論はそういう印象。本当に興味が持てない。まあ、いっさい読んでいないので、偏見の決めつけなのですが。

 

2021年5月5日水曜日

栗原学くんに哀悼の意を表します

  東京の労働運動の活動家である栗原学くんが、ガンで亡くなったとの報をうけた。

 たしか私と同年であったから、49才か、50才だ。

 彼と出会ったのは90年代の末。石原慎太郎都知事(当時)が、都内の災害訓練に自衛隊出動を要請したころだった。”ビッグレスキュー”と称する自衛隊訓練の強行に、反戦運動の諸潮流が結集して抗議行動を行った。そのとき第4インターナショナル系の青年部隊を率いていたのが、栗原学だった。

 その後、新自由主義グローバリゼーションにたいする反対運動を、青年共闘というかたちで形成する流れとなり、第四インター、共産同戦旗西田派、共産同首都圏委員会、法政・明治・中央・一橋・早稲田のノンセクト学生とアナキストが、ACA(Anti Captalist Action)に結集した。2001年、私も栗原くんも30才で、血気盛んだった。ACAが結成した直後、米国はアフガン戦争に突入し、小泉政権は参戦のための有事法制を強行し、反戦運動が活発化した。20代の学生を主体としたACAは、ジグザグデモや座り込みなど派手に立ち回って、警察に目を付けられる集団になっていった。栗原くんはデモ隊の統制が効かないことに業を煮やして、ACAから部隊を引き上げ、ATTACに合流していった。その後、ACAはアナキスト学生が主導する「札付き」の集団になっていく。

 栗原くんはATTACへ行き、私はACAに残り、それぞれ別の道を進むことになったのだが、二人が敵対的な関係になることはなかった。戦術的な方針では大いに異なっていたのだが、気持ちの上ではいつも、同い年の同志だとおもってきた。

 ソ連邦崩壊後の90年代、「左翼はもう終わった」と誰もが口にした時代に、栗原も私も、左翼の再建に精力を傾けた。あの暗い谷底から這い上がって、新自由主義批判を公然と行うまでに状況を回復させたのは、栗原学のような若者があきらめずに粘り強く闘ってきたからだ。

 栗原学に哀悼の意をささげる。

 もっと年をとってヨボヨボの爺さんになったころに、昔話をしながら飲みたかった。


2021年4月30日金曜日

オストロイテおよび紅一点グループに対する性暴力糾弾闘争について

 



 2021年2月以来、紅川ひみこ氏は、リベルタン/オストロイテ/紅一点にたいする性差別性暴力糾弾闘争を開始している。私は、紅川氏が告発するこの事件に強い関心をもって注視してきた。

 これまで私は、紅川氏が名古屋に居住している関係で、彼女の主張だけを耳にしてきた。問題の性暴力事件について私が知っている情報はとても偏っている。だから、一方の言い分だけを聞いて判断するわけにはいかないと考え、この事件について態度を保留してきた。性暴力事件があったのかなかったのか、あったとしたらどのような経緯で事件が起きたのか、私は未だ真相を知らない。

 

 ところで今月、紅川氏に対して、東京の弁護士事務所から内容証明郵便が届いたという。土田元哉弁護士を代理人として、オストロイテから紅川氏にたいする警告が通知された。

その内容を読んで、私は、リベルタン/オストロイテ/紅一点における性暴力事件は実際にあったのだと確信をもった。なぜなら彼らの主張には、紅川氏が告発している性暴力事件について一切言及がなかったからだ。紅川氏の告発に一切触れないというだけでなく、オストロイテのメンバーが紅川氏からどんな被害を受けたかということが延々と書かれているのである。この様態を見るに、彼らは完全にアウトだと思う。

 

なぜそう考えるのか。

一般的に言って、加害者は主観的には被害感情をもっていて、自分が与えた相手の被害よりも、自分が受けた被害を過大に主張するという傾向がある。客観的な視点を失い、自分自身の抱く被害者意識に呑み込まれている、あるいは、被害意識に逃げ込んでいる。

例えば、児童虐待に通じた医師は、診察室にきた親の態度を観察して、虐待か否かを推測するという。

正常な状態にある親は、子供が怪我をしたのは自分の注意不足だと考え、自責の念にかられている。自分がもっとしっかりしていれば子供が怪我をすることはなかったはずだと、激しい後悔に苛まれている。これが正常な親だ。

虐待をしている親は、自責の念をもたない。子供が怪我をした原因を、自分以外のどこかに見つけようとしている。そして自分は大変厄介な子供を抱えた被害者なのだと感じている。そんな親の言葉には、もっぱら被害感情の訴えばかりがあって、自分に非があったかもしれないという後悔の言葉がない。

また別の例をとれば、ストーカーもそうだ。ストーカーは、加害意識ではなく被害意識に動かされて、ストーキング行為をエスカレートさせていく。その行為によって相手がどのような被害を被ったかを、加害者はまったく知らないし、知ろうともしない。つまり起きている事態を客観視することができない。

 

 オストロイテ/紅一点の代理人から送られてきた文書には、なぜ紅川氏が彼らを糾弾するにいたったかが記されていない。性暴力事件の隠蔽が糾弾されているという事実を、客観的な視点で記していない。虐待する親やストーカーに似た認知の歪みが読み取れる。おそらく、紅川氏の告発は真実なのだろう。

私はこれからオストロイテ/紅一点に対する糾弾闘争に合流しようとおもう。

 

 

2021年4月16日金曜日

復興政策翼賛派の総括と謝罪を待つ

   2021年4月13日、日本政府菅政権は、福島第一原子力発電所跡に貯蔵されている放射能汚染水を海洋投棄する方針を決定した。

 この決定によって明白となったのは、この10年間すすめられてきた福島復興政策は、嘘だったということだ。

 初めからやる気のない、ポーズだけの復興事業だった。復興政策とはようするに、福島県民に偽の希望を提示し、問題へ対処を先延ばしにし、原子力公害事件を政治的な焦点にさせないためのごまかし、奸計だったということだ。

 私は2011年4月末の時点から、復興政策の欺瞞性を指摘してきたのだが、10年をかけてその正しさが証明された。

 この10年間、復興政策に便乗・翼賛し、政府の公害隠しに加担した者は、自らの不明を恥じるべきである。また、私たち復興反対派をまるで人非人のように侮辱してきたことを、謝罪してほしい。

 ここで過ちを総括し、謝罪し、迷惑をかけた人々にたいしてきちんと仁義を切れば、反原発運動の同志として迎えることができる。

そうでなければ、ダメだ。

2020年11月20日金曜日

とつぜん救援会

  名古屋のサンサロ*サロンという場所で、月に一度研究会を開いていたのですが、そこにきていた参加者の一人が、いきなり令状逮捕されてしまいました。

 しかたがないので、救援活動に加わることになりました。

賛同者とカンパを募っています。詳しくはこちらへ↓

https://ameq1118.seesaa.net/article/478608448.html



追記

 

 いま21日。2回目の救援会議を終えて、ようやく時間ができたので、補足情報。

以下に示すのは救援会ではなく、私の個人的見解です。

 

名古屋のエサマンという自称アナキストが、救援会声明に異を唱えていわく「救援会を分裂させる行為だ」などと主張しているらしい。エサマンは、自分の行っている救援活動を矢部史郎らに妨害されていると主張したいらしい。これは完全に間違った認識である。

 エサマンは救援活動を行っていない。彼はただ拡声器を担いで警察署に赴き演説しているだけである。そして、演説が終わるとツイートをする。それだけだ。この三日間にいくつもツイートをしているが、あんな風に警察の見える場所で情報を開示するのは、けっして救援活動ではない。

 救援活動の初動は、非常に忙しい。膨大な作業があり、時間との勝負だ。関係者と協力者をかきあつめて、情報収集、分析、活動の位置づけを議論し、必要なリソースを探し、意見調整を何度も重ね、現実的な解を探っていく。そうして救援活動の基本的な方向性と戦略を公式に示し、広く支持を求めるプラットフォームをつくるのだ。初動の三日間は寝る暇もない。それは私がノロマだからではない。私や藤原氏や高橋氏のようなある程度のベテランであっても、初動にやらなければならない作業は膨大で、休む暇もないのである。

 この忙しい3日間に、エサマンがあれだけツイッターをいじっていられるのは、彼がなにも作業をしていないからだ。救援活動を経験してきた者なら、誰でもわかる。ツイッターなんかやって遊んでるよこいつ、と。本人は無知だから、自分の本性が見透かされていることにも気づかない。基本方針となる声明すら提示できないのに、俺はやっているぜと主張するのだ。

 呆れてものも言えない。あんな口だけ野郎の自己主張は、無視してください。